本文へ移動
安心・安全で品質の良い生鮮食料品等を
新鮮な情報をお届け致します
公正な価格で安定的に供給する

新着情報とお知らせ

令和4年度 定時総会の書面開催結果について
2022-06-01
令和4年度定時総会は、新型コロナウイルスの感染症対策のため書面開催としました。

 次の3項目の提案議案について、会員の皆様に関係書類を発送し、令和4年5月31日までに全会員から文書による当該議案に対する同意の回答を得て、当該議案を承認可決する旨の定時総会の決議があったものとみなしました。
 
〇議案第1号令和3年度会務報告並びに収支決算報告について
・令和3年度会務報告
この一年間は、ホームページや情報発信などによる情報提供事業の一層の充実・強化に努めてきましたが、定例会議や研修会などにつきましては、残念ながら、相次いで書面開催への変更や中止を余儀なくされ、例年どおりの事業の実施が叶わない結果となりました。
こうした状況を踏まえ、今後は、置かれた状況に的確に対応するとともに、事業の円滑な推進を図っていくための方策を模索しつつ、卸売市場の持続的な経営安定に貢献できるよう努めてまいります。

・令和3年度実施の主な具体的事業
令和2年6月施行後の改正卸売市場法に関係する手続きにおける事後の問題等について支援を行いました。
せり人資格認定試験については、コロナウイルスの感染拡大の中、地区ごとによる試験実施では、受験者の参加人数が多く見込まれたため、各関係機関と協議の結果、学科試験及び実地試験を各市場で開催をさせていただき、卸売市場のせり行為に必要な経験や能力を判定するためのせり人資格認定試験を実施し、41名の資格認定を行いました。
本道における生鮮食料品の価格安定と流通の円滑化を図るため、情報発信をホームページから発信するなど情報提供の充実や関係団体との連携強化に努めてきました。

・令和3年度収支決算
令和3年度収支決算は、予算額22,920,852円に対し845,994円下回る22,074,858円となりました。

〇議案第2号令和4年度事業計画案並びに収支予算案について
・令和4年度事業計画案
新型コロナウイルス感染症の今後の推移の中で、事業実施の段階では一部事業の実施を変更しながら対応することも考えられますが、令和2年6月施行の改正卸売市場法に係る各種情報の提供や必要な支援などにより会員認定市場の円滑な運営が図られるよう努めるほか、卸売市場の機能強化、経営合理化、連携強化を柱とした各種事業の実施や継続事業の取組を推進します。

・令和4年度の具体的事業
続くコロナ禍の中で事業実施に引き続き制約が生じることも予想されますが、会員市場の円滑な運営が図られるように、情報発信などによる情報提供の充実に取り組むとともに、卸売市場の機能強化や経営合理化対策、卸売市場の連携強化の推進を柱とした各種事業を積極的に進めるとともに、引き続き、災害時における相互応援協定締結の拡充に協力していくなど、卸売市場の持続的な経営安定に貢献できるよう努めてまいります。
令和4年5月1日現在の会員数は、会員が53名、特別会員が12名で計65名となっています。

・令和4年度収支予算案
令和4年度の収支予算案は、前年度決算額から4,783,666円増の26,858,524円としています。

〇議案第3号理事、監事全員の任期満了に伴う改選について
令和4年度 新理事・新監事(案)
理 事    飯田 弘明 氏    (紋別漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     石井 重人 氏    (株式会社旭川生花市場 代表取締役社長)
 〃     石垣 承吉 氏    (株式会社砂川地方卸売市場 代表取締役社長)
 〃     猪早 宣之 氏    (株式会社一印旭川魚卸売市場 代表取締役社長執行役員) 新任
 〃     大坂 鉄夫 氏    (根室漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     加賀井 清二郎 氏    (滝川地方卸売市場株式会社 代表取締役社長)
 〃     勝木 敏孝 氏    (丸果函館合同青果株式会社 代表取締役社長)
 〃     金井 関一 氏    (釧路魚市場株式会社 代表取締役社長)
 〃     楠  安博 氏    (丸果旭川青果卸売市場株式会社 代表取締役社長) 新任
 〃     小室 勝義 氏    (株式会社岩三 代表取締役社長)
 〃     近藤 龍洋 氏    (釧路市漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     嶋  秀樹 氏    (小樽市漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     新谷 哲也 氏    (網走漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     須崎 幸藏 氏    (丸中釧路中央青果株式会社 代表取締役社長)
 〃     須永 忠幸 氏    (枝幸漁業協同組合 代表理事組合長) 新任
 〃     角谷  靖 氏    (株式会社キョクイチ 取締役会長)
 〃     髙嶋 昌宏 氏    (帯広地方卸売市場株式会社 代表取締役社長) 新任
 〃     髙橋 松一郎 氏    (カネシメ髙橋水産株式会社 取締役会長)
 〃     田嶋 久嗣 氏    (札幌花き園芸株式会社 代表取締役社長)
 〃     西田 浩一 氏    (マルトマ苫小牧卸売株式会社 代表取締役社長)
 〃     平井 敏雄 氏    (標津漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     堀内 俊吾 氏    (株式会社室蘭魚市場 代表取締役社長)
 〃     前野 匡宏 氏    (員 外) 新任
 〃     松山 征史 氏    (函市函館魚市場株式会社 代表取締役社長)
 〃     水野  明 氏    (株式会社キョクイチ 常務取締役)
 〃     武藤  修 氏    (丸水札幌中央水産株式会社 取締役会長)
 〃     村上 直樹 氏    (稚内漁業協同組合 代表理事組合長) 新任
 〃     山田 博文 氏    (新星マリン漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     勇﨑 恒宏 氏    (札幌みらい中央青果株式会社 代表取締役会長)
 〃     吉田 信夫 氏    (株式会社おたるHANAオークション 代表取締役社長)
 〃     萬屋 昭洋 氏    (羅臼漁業協同組合 代表理事組合長)
監 事    片川 隆市 氏    (雄武漁業協同組合 代表理事組合長)
 〃     木村 伸人 氏    (北海道植物株式会社 代表取締役社長)
 〃     井山  修 氏    (富良野地方卸売市場株式会社 代表取締役社長)
 〃     野澤 亨介 氏    (丸一苫小牧中央青果株式会社 代表取締役社長)



令和4年度 第1回理事会の書面開催結果について
2022-06-01
令和4年度第1回理事会は、新型コロナウイルス感染症対策から、書面開催としました。

 次の3項目の提案事項について、理事及び監事の皆様に関係書類を発送し、当該提案事項について、令和4年5月31日までに理事の全員から文書による同意を、監事の全員から文書による異議のない旨の回答を得て、当該提案を承認可決する旨の理事会の決議があったものとみなしました。

定時総会に諮る次の議案
・第1号議案 令和3年度会務報告並びに収支決算報告について
・第2号議案 令和4年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
・第3号議案 理事、監事全員の任期満了に伴う改選について
令和4年度第1回北海道環境保全型農業直接支払に係る懇談会 出席報告
2022-06-01

令和4年5月31日(火)13時30分よりホテルポールスター札幌にて、第1回北海道環境保全型農業直接支払に係る懇談会が開催されました。
当協会からは、水野常務理事が出席しました。

この懇談会は、道(農政部)が、国の環境保全型農業直接支払交付金の交付状況の点検及び効果の評価を行うために設置、当協会から水野常務理事が有識者として委嘱されています。

懇談会には5名が出席し、「環境保全型農業直接支払交付金について」、「環境保全型農業直接支払交付金の令和2、3年度実施状況について」、「環境保全型農業直接支払交付金の中間年評価について」など、5つの議題が審議され、いずれも了承されました。
情報発信No.66を掲載しました。
2022-06-01
情報発信No.65を掲載しました。
2022-05-20
会員資格の喪失(自動脱退)について
2022-04-04
樽一小樽中央青果株式会社は、令和4年4月1日付け北海道告示第10486号により、同日、小樽市公設青果地方卸売市場が廃止の認定を受けたことに伴い、本会定款第11条第3号の規定により、会員資格を喪失しました。
事務局体制のお知らせ
2022-04-01
令和4年4月より、事務局に 前野匡宏 氏が事務局長として就任いたしました。
TOPへ戻る