本文へ移動

平成30年度 活動報告

平成30年度 活動報告のお知らせ

平成31年 新年交礼会を開催
2019-02-27
平成31年1月28日(月)17時よりホテル札幌ガーデンパレスにて、平成31年新年交礼会を開催しました。
 
ご来賓に北海道経済部経済部長 倉本博史様、北海道経済部地域商業担当課長 斉藤伸子様、JFEエンジニアリング株式会社社会インフラ本部流通システム事業部事業部長 飯田昌志様を迎え、道内卸売市場に携わる多くの方々に出席していただき盛大に行われました。
 
中川代表理事会長から新年の挨拶の後、平成30年度の北海道産業貢献賞を受賞された、丸水札幌中央水産株式会社 武藤 修代表取締役社長、歯舞漁業協同組合 小倉啓一代表理事組合長及び湧別漁業協同組合 石本武男代表理事組合長に当協会からの記念品の贈呈が執り行われました。
 
続いて、ご来賓の北海道経済部経済部長 倉本博史様の祝杯のご発声で交流の宴が和やかに催され、田嶋理事副会長の一本締めにて盛会の内に終了しました。
中川代表理事会長 新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。
今年は平成が終わり新しい元号となります。内向き志向が強まり、保護主義が広がりを見せる中での国際関係の不安定な要因の増加、国内では、人手不足の深刻化や10月には消費税が増税され軽減税率制度が導入されるなど、こうした国内外の山積する重要な課題の解決が着実に進められ、一人一人が安心と豊かさを感じることが出来る、そして、災害のない平穏な年となることを心から願う次第です。
我々卸売業界は、市場を取り巻く環境が大きく変化する中で、様々な課題を抱え大変厳しい経営環境が続いておりますが、加えて、改正卸売市場法の来年6月の施行に伴いまして、卸売市場が認定制へと移行する大きな変革期の中にあり、事業の継続や廃止、合併、統合なども含め、業界に様々な動きが出てくることもあるのではないかと思われます。
卸売市場は、適正で透明な価格形成に、総合的な需給調整、多様な品揃えなどの、食文化や地域振興にも貢献する、世界に類を見ないシステムであります。
このような重要な機能や価値を卸売市場関係者が共有して、それぞれの市場が有する目利き、情報力等を一層発揮し、新たな取組みも視野に入れた特色ある市場づくりや、安定的経営を維持できる体力のある市場づくりに、果敢に挑戦し続けるとともに、生産者や消費者の方々にも理解を深めていただきながら、卸売市場制度をしっかりと堅持していくことが重要であると、思いを新たにしているところであります。
我々卸売業界が、多くの農林漁業者に対して安定的な販路を提供し、消費者には安全・安心な生鮮食料品等を安定的に供給する、地域に根ざした流通拠点としての重要な役割をこれからも十分に果たしていくために、一層危機感をもって一致団結し、この厳しい時代を乗り越えられるよう、これまで以上のご支援とご協力をお願い申し上げます。
最後に、卸売業界の一層の発展を切に念願し、本日ご参会の皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ挨拶といたします。
中川会長 挨拶
倉本経済部長 挨拶
田嶋理事副会長 締めの挨拶
TOPへ戻る