本文へ移動
一般社団法人北海道市場協会
〒060-0003
札幌市中央区北3条西7丁目 第二水産ビル 3階
TEL 011-251-2228
FAX 011-271-3498

活動報告

2018年 活動報告のお知らせ

全青協 第51回 秋の九州・熊本大会 出席報告
2018-10-23
平成30年10月23日(火)13時30分より熊本県熊本市のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイホテルにおいて、一般社団法人全国青果卸売市場協会 平成30年度創立60周年・法人化45周年記念 全青協第51回秋の九州・熊本大会(大会実行委員長:熊本県青果市場連合会副会長森下義弘氏)を盛大に挙行されました。
 
大会テーマ
『激変する環境の中でも農業活性化と成長発展を目指す地方市場』
 
大会には、来賓として農林水産省大臣官房審議官 倉重泰彦氏(代理:食品流通課長 宮浦浩司氏)、熊本県知事 蒲島郁夫氏、熊本市長 大西一史氏、公益財団法人食品等流通合理化促進機構会長 馬場久萬男氏ほか21名、全国県連会員及び関係者合わせて約200名が出席しました。当市場協会からは、中川竹志代表理事会長ほか4名が出席しました。
 
大会は第一部秋の大会、第二部記念講演、第三部懇親会で実施されました。
第一部の秋の大会は、森下大会実行委員長の開会宣言、物故者に対する黙祷、月田求仁敬全青協会長の挨拶に続き、表彰式が行われ、農林水産大臣・食料産業局長・(公財)食品等流通合理化促進機構会長の感謝状が5名に、全青協会長の表彰状が11名に授与されました。その後、農林水産省宮浦食品流通課長はじめ来賓の方々から祝辞が述べられた後、長崎県青果物卸売市場連合会会長加藤誠治氏が「大会宣言」を読み上げ、満場一致で採択されました。最後に、次期開催地である近畿支部を代表して大阪府青果卸売市場協会会長の東尾昌則氏から歓迎の言葉が述べられ、大会を終了しました。
第二部の記念講演は、前九州ルーテル学院大学校客員教授の大畑誠也氏を講師に迎え「いよいよ、21世紀に求められる能力-『悪戦苦闘能力』の時代へ!」~経営とは基本の徹底と変化への対応である~を演題に、大畑氏が県立高等学校の校長を歴任する中で、学校の活性化や生徒指導に用いた、21世紀に求められる能力を『悪戦苦闘能力』とし、この能力となる人間関係・体力・感性・集中・思考という5つの重点事項について現場体験を織り交ぜて話され、こうした能力は企業経営や人材の確保・育成にも繋がるものであると、地元熊本弁で聴衆を引き込む講演が行われました。
第三部の懇親会は、櫻田光雄全青協副会長などの挨拶・乾杯により開会し、大会参加の市場関係者相互の交流や懇談が行われ、盛会の内に終了しました。
 
月田求仁敬全青協会長のご挨拶の様子
 
大会宣言
 
 今年7月の西日本豪雨など、天候不順、異常気象は、ますます顕著なものとなっている。これまでなら大きな被害が発生しなかった地域でも、がけ崩れや河川の氾濫が起こりやすく、住民生活、そして農業生産を脅かすことが多くなっている。また、幹線道路の遮断など、社会インフラに影響を及ぼすこともある。その中で、農産物の安定生産、安定供給の重要性はさらに高まっている。
 一方で、消費人口減少、農家の高齢化、物流+逼迫、人手不足、人件費の上昇など、地方卸売市場を取り巻く経営環境は厳しさを増すばかり。さらに1年後には消費税率の引き上げを控え、それに対する用意が必要となる。
 また、卸売市場法が改正され、2年後に施行されることになった。創意工夫による独自の営業活動に優位性を発揮してきた地方卸売市場だが、卸売市場の開設がこれまでの「許可」「認可」から「認定」制になることや、中央卸売市場も市場ごとに取引ルールを定めることが出来るようになるなど、今後の中央卸売市場の動向には充分な注意を払う必要がある。
 しかしながら、そのような激変の中においても、我々地方卸売市場は、国内生産者の販路を拓くことで国内農業の活性化を実現し、さらに国民への生鮮青果物の安定供給により健康な食生活を実現していくため、以下の取組みを実践するものとする。

一、我々地方卸売市場は、生産者・消費者双方に寄与する機能を充分に発揮して生鮮青果物の安定供給に努めるとともに、その機能の意義および価値の発信に努め、世界に類を見ないシステムであるわが国の卸売市場制度が、今後も維持されるように努力する。
一、我々地方卸売市場は、通いコンテナの導入、規格簡素化をはじめとする生産者負担の軽減に努めると同時に、パレット輸送やモーダルシフトに積極的に取組み、環境に負荷をかけない青果物の流通に努めるものとする。
一、我々地方卸売市場は、我々地方卸売市場による青果物流通が将来にわたって引き継がれ、生産者と国民に寄与していけるよう、人材育成をさらに強化する。その際には各々が切磋琢磨することは当然として、会員同志の交流も活用する。
一、我々地方卸売市場は、東日本大震災および東京電力福島第一原発事故、熊本地震、西日本豪雨などで被災した青果物産地の生産物を全力で販売し、被災地が完全復興するまで支援する。
 本日、一般社団法人全国青果卸売市場協会全国大会・熊本大会において、会員相互が一致団結して以上の取り組みを行うことを通じて、新しい時代に対応した地方卸売市場の構築に最善の努力を傾注することを、ここに宣言する。
                     平成30年10月23日
                         平成30年度創立60周年・法人化45周年記念   
                                    全青協第51回秋の九州・熊本大会
 
TOPへ戻る