本文へ移動
一般社団法人北海道市場協会
〒060-0003
札幌市中央区北3条西7丁目 第二水産ビル 3階
TEL 011-251-2228
FAX 011-271-3498

活動報告

2017年 活動報告のお知らせ

全青協 第50回 秋の中日本・三重大会 出席報告
2017-10-24
平成29年10月24日(火)13時30分より三重県志摩市の賢島宝生苑にて、一般社団法人全国青果卸売市場協会平成29年度全青協第50回秋の中日本・三重大会(大会実行委員長:三重県青果市場協会会長 下村成司氏)が、盛大に挙行されました。
 
大会テーマ 『地域農業の特色と独自の工夫で発展する地方卸売市場』
大会には、来賓として農林水産省食料産業局長 井上宏司氏(代理:食品流通課卸売市場室長 武田裕紀氏)、三重県知事 鈴木英敬氏、志摩市長 竹内千尋氏(代理:副市長 小山崎幸雄氏)、公益財団法人食品流通構造改善促進機構会長 馬場久萬男氏ほか13名、全国県連会員及び関係者合わせて約157名が出席しました。当市場協会からは、中川竹志代表理事会長ほか3名が出席しました。
 
大会は第一部秋の大会、第二部記念講演、第三部懇親会で実施されました。
第一部の秋の大会は、下村大会実行委員長の開会宣言、物故者に対する黙祷、一般社団法人全国青果卸売市場協会 月田求仁敬会長の挨拶に続き、全青協会長表彰が行なわれ、当協会中川竹志会長ほか14名に表彰状が授与されました。その後、農林水産省 武田卸売市場室長はじめ来賓の方々から祝辞が述べられた後、愛知県青果物卸売市場協会会長 池田誉生氏が「大会宣言」を読み上げ、満場一致で採択されました。最後に、次期開催地である熊本支部を代表して熊本県青果卸売市場連合会会長代理 河端正隆氏から歓迎の言葉が述べられ、大会を終了しました。
第二部の記念講演は、三重県立相可高等学校 食物調理科専門調理師教諭 村林新吾氏を講師に迎え「人も料理も仕込み次第!」を演題に、三重県立相可高等学校食物調理科における、普段の学校での出来事から、生徒達の取組みや指導、就職状況、高校生レストラン「まごの店」の卸売市場での仕入れから調理、接客などの生徒との活動、さらには伊勢志摩サミットにおける各国首脳婦人や全国菓子大博覧会での三笠宮様への食事提供といったエピソードにも触れ、全国唯一の特徴ある教育現場の状況などについて講演が行われました。
第三部の懇親会は、飛田修全青協副会長などの挨拶・乾杯により開会し、大会参加の市場関係者相互の交流や懇談が行われ、盛会の内に終了しました。
 
//ds-subb.com/i42369/files/libs/144/201803141407268883.jpg
月田求仁敬全青協会長のご挨拶の様子
 
大会宣言
わが国経済の現状は、雇用情勢の改善を背景に賃金は増加基調で推移し、最終需要財や消費者マインドの改善に加え、訪日外国人旅行者数の増加に伴うインバウンド需要など、底堅い内外需を背景に、景気の回復基調の動きが広がってきている。
一方、地方卸売市場を取り巻く環境は、農業生産者の高齢化や人手不足、人件費の高騰に加えて、農産品物流を担うトラック業界においても深刻な人手不足問題をきっかけとして物流の効率化への取組みが求められている。
更に、昨年11月政府が決定した「農業競争力強化プログラム」では、流通・加工の構造改革を進めるに当たり、卸売市場関係者には抜本的な合理化の推進、また、全農の農産物の売り方については、実需者・消費者への直接販売とするよう見直しを求めている。中でも卸売市場については「卸売市場法を抜本的に見直し、合理的理由のなくなっている規制は廃止する。」とされているところである。
このように、いま我々は、これまでとは異なる大きな転換点に立っている。これから起こるであろう大変革期に向かって、これまで先人達が築き上げてきた地方卸売市場の機能を生かし、日本の農業生産力向上への寄与、国民への新鮮な青果物供給という重大な社会的責務を果たすと共に、これまで以上に地方卸売市場の特長を十分に発揮し、新しい時代の流れを味方に付けて、そして明日への成長の道を切開いていくために次の取組みを実践するものとする。
一、我々地方卸売市場は、市場の果たす機能がいかなるものか、いかに地域農業の活性化に役立っているかなど、地方卸売市場の機能と価値をあらためて検証し、それを経営者だけでなく、社員、生産者、実需者など関係者と共有し社会に発信していく。
一、我々地方卸売市場は、生産者の出荷コストの低減、環境負荷の軽減等に優れた通い容器などの普及に加えて、荷積み・荷下ろしの時間の短縮等に効果が大きいパレット等の利用促進を図り、農産品物流の効率化・コスト削減への取組を推進する。
一、我々地方卸売市場は、各々が人材確保・育成、経営改善を図り、青果物流通業界が将来にわたってその機能を引き続き発揮できるように尽力する。
一、我々地方卸売市場は、東日本大震災および東京電力福島第一原発事故、熊本地震などで被災した青果物産地の生産物を全力で販売し、被災地が完全復興するまで支援する。
本日、一般社団法人全国青果卸売市場協会全国大会において、会員相互が一致団結して以上の取り組みを行なうことを通じて、新しい時代に対応した地方卸売市場の構築に最善の努力を傾注することを、ここに宣言する。
平成29年10月24日
平成29年度全青協第50回秋の中日本・三重大会
TOPへ戻る