本文へ移動

活動報告

令和3年度 活動報告のお知らせ

令和3年度定時総会の書面開催結果について
2021-06-01
令和3年度定時総会は、新型コロナウイルスの感染症対策のため書面開催としました。

 次の3項目の提案議案について、会員の皆様に関係書類を発送し、令和3年5月31日までに全会員から文書による当該議案に対する同意の回答を得て、当該議案を承認可決する旨の定時総会の決議があったものとみなしました。
 
〇議案第1号令和2年度会務報告並びに収支決算報告について
・令和2年度会務報告
新型コロナウイルス感染症対策で活動が様々な制約を受ける中、一部事業を中止とせざるを得ない状況が生じましたが、改正卸売市場法の施行に当たって、会員卸売市場の認定制への移行が円滑に進められるように迅速な情報提供をはじめ必要な対応に取り組むとともに、卸売市場の機能強化や経営合理化対策、卸売市場の連携強化の推進を柱とした各種事業の実施に工夫をしながら取り組みました。
また、ホームページや情報発信などによる情報提供を充実して、会員はもとより一般への情報の発信強化などに取り組むとともに、各種恒常的事業を実施して、卸売市場の持続的な経営安定に貢献できるよう努めました。

・令和2年度実施の主な具体的事業
改正卸売市場法の施行に係る国や北海道の各種情報の収集・提供や認定市場への必要な支援を積極的に行い円滑に進められるよう努めるとともに、花き市場部会を開催し、各市場が抱えている課題や今後の卸売市場の取り組む方向等を協議したほか、卸売市場の機能強化や経営強化対策の推進のため公設市場部会は北海道公設卸売市場長会議との合同で開催しました。
改正食品衛生法に基づくHACCPに沿った衛生管理の制度化について、卸売市場の青果物及び水産物卸売業者向けの「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」や関連情報の収集と会員への提供を図るなどして、卸売市場において必要な対応が円滑に進められるよう努めてきました。
せり人資格認定試験については、新型コロナウイルス感染症対策のため実施を中止させていただきました。
本道における生鮮食料品の価格安定と流通の円滑化を図るため、情報発信をホームページから発信するなど情報提供の充実や関係団体との連携強化に努めてきました。
なお、生鮮食料品流通情報は令和2年6月末をもって廃止としました。

・令和2年度収支決算
令和2年度収支決算は、予算額24,224,789円に対し452,099円下回る
23,772,690円となりました。

〇議案第2号令和3年度事業計画案並びに収支予算案について
・令和3年度事業計画案
新型コロナウイルス感染症の今後の推移の中で、事業実施の段階では一部事業の実施を変更しながら対応することも考えられますが、令和2年6月施行の改正卸売市場法に係る各種情報の提供や必要な支援などにより会員認定市場の円滑な運営が図られるよう努めるほか、卸売市場の機能強化、経営合理化、連携強化を柱とした各種事業の実施や継続事業の取組を推進します。

・令和3年度の具体的事業
改正卸売市場法等の周知や各種の必要な手続きなどの支援を積極的に行い、会員認定市場の円滑な運営が図られるよう努めるとともに、役職員研修会や各部会等の開催を通じ、卸売市場の機能強化や経営健全化のほか、連携強化に資する取組の推進に努めてまいります。
せり人資格認定試験の実施、各種の情報・データなどのホームページへの掲載や「情報発信」を適宜発行するなどより迅速で充実した情報提供や関係団体と一層の連携強化に努めてまいります。
令和3年5月1日現在の会員数は、会員が54名、特別会員が12名で計66名となっています。

・令和3年度収支予算案
令和3年度の収支予算案は、前年度決算額から851,838円減の22,920,852円としています。

〇議案第3号理事・監事の交代選任等について
理事3名 監事2名を選任

平井 敏雄氏(標津漁業協同組合代表理事組合長)
山田 博文氏(新星マリン漁業協同組合代表理事組合長)
叶野 公司氏(員外)
が新たに理事に選任されました。

井山  修氏(富良野地方卸売市場株式会社代表取締役社長)
野澤 亨介氏(丸一苫小牧中央青果株式会社代表取締役社長)
が新たに監事に選任されました。
TOPへ戻る