本文へ移動

活動報告

令和2年度 活動報告のお知らせ

令和2年度定時総会の書面開催結果について
2020-06-17
令和2年度定時総会は、新型コロナウイルス感染症対策のため書面開催としました。
 
次の3項目の提出議案について、会員の皆様に関係書類を発送し、当該提案議案に令和2年6月17日までに全会員から文書による同意の回答を得て、当該議案を承認可決する旨の定時総会の決議があったものとみなしました。
 
〇議案第1号:令和元年度会務報告並びに収支決算報告について
・令和元年度会務報告
 規制が大幅に緩和された改正卸売市場法の令和2年6月21日の施行に伴い卸売市場は認定制へ移行されることとなっている。
北海道市場協会としても、こうした卸売市場法改正や北海道地方卸売市場条例等の検討状況などを迅速に把握し会員への情報提供に努めるとともに、認定市場への円滑な移行に向けて各市場における業務規程改定の支援などに努めるとともに、卸売市場の機能強化や経営改善対策に加え、効果的連携体制の推進を図ってきた。
 また、令和元年10月の消費税増税に伴う軽減税率制度の導入やHACCPに沿った衛生管理の制度化の実施に向けて、各種情報提供を行ったほか、生鮮食料品流通情報事業や各種恒常的事業を実施し、卸売市場の持続的な経営安定に資することができるよう努めました。
 
・令和元年度実施の主な具体的事業
 卸売市場法改正や道条例等のあり方検討の状況などの情報の提供や、認定申請や業務規程改定の指導・助言などに努めるとともに、公設市場部会、水産物産地市場部会、花き市場部会や、新たに管理・総務部門担当役職員会議を開催したほか、消費税軽減税率制度やHACCPに沿った衛生管理の実施について、各種情報提供等により制度の周知に努めた。せり人資格認定試験には16名が合格し、引き続き生鮮食料品流通情報(市況情報)をホームページから広く一般の方にも提供してきたほか、市場通信、情報発信の発行にホームページによる情報提供の充実、関係団体との連携強化に努めてきました。
 
・令和元年度収支決算報告
 令和元年度収支決算は、予算額25,316,016円に対し332,379円下回る24,983,637円となりました。
 
 

〇議案第2号:令和2年度事業計画並びに収支予算(案)について
・令和2年度事業計画
 改正卸売市場法のもとで6月21日から認定制へ移行されることとなる卸売市場は、今大きな転換期を迎えている。
北海道市場協会としては、改正卸売市場法が施行となる中での、国や北海道、そして業界の動きを的確に捉えて、会員市場の認定制への移行が円滑に進められるように迅速な情報提供をはじめ必要な対応に取り組むとともに、卸売市場の機能強化や経営改善対策、卸売市場の効果的連携体制の推進を柱とした各種事業を積極手に進めてまいります。また、生鮮食料品流通情報事業の見直しを行うほか、ホームページをはじめ情報発信等による情報提供を充実して、会員はもとより一般への情報の発信強化などに取り組むとともに、各種恒常的事業を実施して、卸売市場の持続的な経営安定に貢献できるよう努めます。
 
・令和2年度の主な具体的事業
 卸売市場法改正に係る会員市場の認定制への移行が円滑に進められるよう、必要な対応や情報の迅速な提供などに努めるとともに、役職員研修会や各部会等の開催など、卸売市場の機能強化や経営合理化、連携強化に役立てていただくための取り組みを推進し、せり人資格認定試験や、生鮮食料品流通情報の提供を継続する一方で事業を終了する方向で見直しを行うほか、情報発信の発行やにホームページによる迅速かつ充実した情報提供や、関係団体との連携強化に努めます。
 令和2年5月1日現在の会員数は、会員が56名、特別会員が1名減の12名で、計68名となっています。 
 
・令和2年度収支予算案
 令和2年度収支予算案は、前年度決算額から758,848円減額の24,224,789円としています。
 
 

〇議案第3号:理事、監事全員の任期満了に伴う改選について
 理事32名、監事4名を選任
 
角谷 靖氏(株式会社キョクイチ代表取締役社長)
吉田信夫氏(株式会社おたるHANAオークション代表取締役社長)
が新たに理事に選任されました。
 

 
※中川竹志代表理事会長の退任挨拶
 
「令和2年度定時総会をもって一般社団法人北海道市場協会の会長を辞するにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々のご冥福と闘病生活を送られている多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。
今、この新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大から、人や物の動きが止まり、多くの国々で様々な経済活動が停滞を余儀なくされ、我が国でも緊急事態宣言が発出されるといった事態となり、堅調な回復基調が続いていた日本経済も大きな影響を受けておりますが、諸外国も含めて、この事態が一日も早く終息を迎えて、人々の暮らしや経済活性化に明るい兆しがさしていくことを期待するところであります。
そうした中で、当協会の定時総会も書面開催といたしたところであり、提案させていただいた各議題への同意につきまして、よろしくお願い申し上げます。
そして、私も今総会で退任することとなり、皆様にお会いしてご挨拶を申し上げる場を逸したこととなってしまいました。
私、卸売業界で50年余りの月日を過ごし、北海道市場協会は平成15年から理事として関わらせていただき、会長も4期8年務めさせていただきました。この間のご厚情に深く感謝を申し上げる次第であります。
我々卸売業界を取り巻く環境ですが、人口減少等に伴う食糧消費の減少や消費者ニーズの多様化が進展する中で、記録的豪雨や台風、暖冬などといった異常気象の影響も加わり、取扱量が近年漸減傾向にある中で、とりわけ昨年は大きな落ち込みとなり、さらに、新型コロナウイルス感染症による影響から、経営環境は大変厳しい状況となっております。
この、先の見通せない状況は今しばらく続くものと思われますし、現状維持では、取り扱いの減少や市場外取引の増加も進むものと考えますので、活力ある市場流通の形成に一層危機感をもって一致団結して取組み、今後においても、地域に根ざした流通の重要な拠点としての役割を十分に果たしていくため、これまで以上のご協力とご支援をお願いする次第です。
そして、6月には改正卸売市場法の施行に伴って、国や道の認定を受けた中央、地方の卸売市場に移行することとなりますが、改正法においても、卸売市場が生鮮食料品等の公正な取引の場として重要な役割を果たしているとされておりますので、大幅に緩和された諸規制に柔軟に対応しながら、創意工夫を活かした市場作りや販路の拡大に努めるなど、自らの生き残りをかけて経営基盤の強化に向けた一層の努力を重ねながら、会員の皆様がこの厳しい状況を乗り越えていかれると、心から期待をしているところであります。
終わりに、会員各社の益々のご発展と、皆様のご健勝を祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。大変ありがとうございました。」

 
※令和2年度第2回正副会長会議、第3回理事会、役職員研修会の開催日程
 開 催 日 令和元年8月27日(木)
 開催場所 ホテル札幌ガーデンパレス
 ・第2回正副会長会議 11時~12時
 ・第2回理事会 12時~13時
 ・役職員研修会 13時~15時
TOPへ戻る